So-net無料ブログ作成

東寺 帝釈天騎象像 [仏像]

9295E662-5C8E-4E31-8331-64FB3377AA7D.jpeg


     特別展  東寺  空海と仏像曼荼羅

                東京国立博物館 平成館

                  開催期間 2019.3.26〜6.2


98AE84A1-7894-45C3-AA7F-B8810096D8DC.jpeg


   上野のトーハク(東京国立博物館)では、 特別展 東寺 空海と仏像曼荼羅を6月2日

 まで開催しています。


    トーハクでは、かなり以前から、大部分の展示品の撮影を許可してくれていますが、

  さすがに、特別展に関しては、すべての撮影は不可となっていました。


    ところが、数年まえから、特別展でも、一部の展示品の撮影が許可されるように、

  なってきました。


   特に今回の特別展では、仏像の中でも人気の高い「帝釈天騎象像」の撮影を許可して

 くれています。


    但し、三脚やフラッシュの使用は、言うまでもなく禁止です。

    マナーを守って撮影を楽しむようにしましょう。




90002687-5754-4572-A0CA-75EA7229E13B.jpeg


725EDCC1-48CB-4F8C-8E05-FD90E8E2E06A.jpeg


   実は、この帝釈天騎像は、8年前の2011年にも、トーハクの「空海と密教美術展」で

 上野に来てくれています。

   その際には、東寺講堂の立体曼荼羅を構成する21体の仏像の内8体が来ていたのです

 が、今回の特別展では15体が訪れてくれました。





54CA7EF7-B369-4C57-BAA8-C558653FB0D5.jpeg


03D0BD4A-5E48-49F6-BE6A-3FAD56F4C545.jpeg


  帝釈天は、インド神話の世界では、インドラ神と呼ばれ、アスラと呼ばれる神格と、

 激しく敵対する存在とされています。

   アスラとは、阿修羅のことですから、奈良 興福寺の阿修羅像ファンの僕としては、

  帝釈天の記事を書くことには、些かの抵抗感がない訳でもありません。


  しかし、共にインド神話の世界から、仏教の世界へ取り込まれてからは、どちらも

 仏法の守護神として活躍しているので、過去の敵対については、今は触れなくとも

 良いのかも知れません…

 


6B038383-2C62-4071-91F6-D5FF1ADEBD61.jpeg


  帝釈天の乗る象については、今回初めて良く見たように思いますが、本当に

 優しげな表情をしていました。



BCCAE701-6E96-4B08-A47D-89C73A1D705F.jpeg


   トーハクの外に飾られていた告知看板。

   トーハクの外塀の黒田記念館寄りの場所に設置されていました。


   因みに、左の建物は、京成電鉄旧博物館動物園駅です。

      この駅舎は、1933年に開業。

      1997年に営業休止。2004年廃止。

      2018年「東京都選定歴史的建造物」に選定。

         以上、京成電鉄のサイトから引用しました。そこに、詳しい解説があります。



   次回は、5月18日にバラの写真を載せる予定です。




nice!(11)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 11

コメント 2

mimimomo

こんばんは^^
この「帝釈天騎象像」の帝釈天さんはとても良いお顔をなさっていますね、惚れ惚れ~
by mimimomo (2019-05-16 20:00) 

sakamono

この帝釈天の像、確かにすごい存在感がありますね。
阿修羅と対立する帝釈天の記事を書くコトに、葛藤が
あったのですね^^;。
by sakamono (2019-05-17 00:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント