So-net無料ブログ作成

ぼたん苑のその他の花々 [花]

AF3572F9-D073-4ADE-BD73-21CED823C711.jpeg


   前回の、上野東照宮ぼたん苑の苑内に植えられていた、ぼたん以外の花々です。

   

   ケマンソウ     華鬘草     ケシ科    ケマンソウ属

 

     お寺の建物を荘厳するための、華鬘と言う仏具が、名前の由来とされていますが、

  他に、フジボタンやタイツリソウの別名もあります。

19F7F177-FEB8-4C32-9A3A-B7E60CBFB87C.jpeg


  ケマンソウには、白花もあります。





0051E549-0EC3-433C-BBEB-94C0B02DB0EB.jpeg


    ミヤコワスレ   都忘れ     キク科   シオン属


     ミヤコワスレは、山野草のミヤコヨメナの園芸品種です。




83E3422A-AA41-432D-A2B8-1364FFD1F68A.jpeg



  ミヤコワスレと言うと、鎌倉時代に北条家によって、佐渡にながされた、順徳上皇が

この花を眺めて、都への想いを忘れたと言うことから、名付けられたとされる伝承が

良く知られています。

  ただ、小学館の日本大百科全書NIPPONICAに拠れば、順徳上皇の故事が秋の出来事で

あるのに対して、ミヤコワスレの咲く時期が5〜6月であることから、伝承の都忘れは

秋咲きの他の野菊ではないかとの説もあるあるそうです。





5E4B0CA7-F36A-44EB-ABAA-EFFC98B5EFA0.jpeg


   ネモフィラ   ムラサキ科  ネモフィラ属


  ネモフィラは、花の雰囲気が、オオイヌノフグリに似ているように思えたので、僕は

近い種類の植物かと思っていたのですが、オオイヌノフグリはオオバコ科クワガタソウ

で、かなり異なる種類の植物でした。



7DEF22B7-61D4-4824-BB78-6C3F5D83ED30.jpeg


    ネモフィラには、ルリカラクサの和名もあるそうです。




FF42A274-65D6-441F-B50D-536478EB6098.jpeg


   ワスレナグサ  ムラサキ科  ワスレナグサ属


   前のネモフィラも、ムラサキ科でしたが、このワスレナグサも、同じムラサキ科です

が、それぞれに属が異なるので、それ程近い種類でもないようです。




223C8A86-AACE-4917-B342-DA6909A26759.jpeg


   日本のムラサキ科の植物には、現在は絶滅危惧種とされている、ムラサキ科ムラサキ

のムラサキがあります。白い小さな花をつける植物で、根から紫色の染料が採れる

ため、ムラサキと呼ばれています。

  しかし、絶滅危惧種のせいか、手元に何種類かある植物図鑑には、まったく載っておら

ず、どんな花なのかさえ、ずっと分からずにいました。

  ですが、ある時、皇居には未だ残っていて、正倉院の宝物の修理に、それを貰い受けて

使用したと言う話を聞いて、「皇居の植物」と言う、昭和天皇が編纂に関わられた図鑑

が、家にあったことを思い出して、確認してみると写真が載っていて、漸く目にすること

出来ました。

  

   現在は、絶滅危惧種となっているムラサキですが、万葉集の歌に「紫野」と言う言葉

載っていますし、古今和歌集にも武蔵野の原に咲いているムラサキの歌があります

から、平安時代くらいまでは、何処にでもあった植物だったようです。


   ところが、最近になって、万葉集が見直されたこともあり、テレビでムラサキを育て

いるグループの方たちの事が取り上げられていましたから、何れ植物園などでは、

もう少し容易く見られるようになるかも知れません。



   今回の植物の他に、別の場所でですが、マツバウンランの写真を撮れたので、数日中

載せようと思います。また、トーハクで折角撮らせて頂いた、東寺の帝釈天騎象像

も、ブログに載せて置きたいと思っています。

  


nice!(12)  コメント(4) 

nice! 12

コメント 4

mimimomo

こんばんは^^
ムラサキと言うお花は知らなかったです。どんなお花かな^^
見られないと思うと見たくなりますね^^
by mimimomo (2019-05-09 20:05) 

sakamono

私も、ネモフィラとオオイヌノフグリは、似ているように思って
いたので、勝手に仲間だと思っていました。
ちゃんと調べたりせずに^^;。
by sakamono (2019-05-10 00:03) 

sasasa

ネモフィラやワスレナグザ、鮮やかで綺麗ですね(^_^)
by sasasa (2019-05-12 16:08) 

きまじめさん

ミヤコワスレは好きな花で、我が家でも少しですが咲いています。
しかし伝承については知りませんでした。
可憐な花の命名には都への想いを忘れる程の美しさ・・・
そんな悲しい背景もあったのですね。
by きまじめさん (2019-05-13 22:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント