So-net無料ブログ作成
検索選択

不老不死への憧れ [伝説]

菊には、昔から不老不死の効能があると信じられています。

能に、『枕慈童(まくらじどう)』という曲があります。
(僕が以前観たのは、金剛流の『枕慈童』でしたが、現在五つある能の流派の内、観世流だけは、同じ曲を『菊慈童(きくじどう)』と呼んでいます)

この『枕慈童』は、中国の話と言うことになっています。
魏(ぎ)の国の皇帝の命を受けた臣下が、湧き出て来た薬の水の源流を尋ねて、山中に分け入り、「慈童」という童顔の仙人に出会います。
その仙人は、かつては古代の王に仕えていた少年でしたが、ある時、王の枕をまたぎ越えてしまった為、罰を受けて山中に流された者だと名乗ります。
恐ろしい猛獣も住むという山へ流罪にされる時、憐れに思った王は、枕に「法華経」の経文の一部を書いて、この経文を忘れず唱えるようにと、少年に与えました。

その有り難い経文を、忘れないようにと菊の葉に書き写したところ、その葉を伝わって流れる水の雫が、不老不死の霊薬と化したと言うのです。

菊の水の霊薬のおかげで、少年は七百年の長寿を保ちました。

能の最後に、「慈童」は楽しげな舞を見せ、現在の皇帝に対して、自分の残りの寿命を捧げようと言って立ち去って行きます。

中国には、山の上に咲く菊を伝わって流れた水のおかげで、谷に暮らす住民が長寿を得たという伝説や、菊を入れた酒を飲んで、長寿を願うという習慣もあったそうです。

また、この「菊の水」は、実は「酒」なのだとも言われています。

『枕慈童』では、皇帝に残りの寿命を捧げたということですが、同様の話は人魚の肉を食べて、不老不死となった「八百比丘尼」の伝説にも残されています。

昔の人は、極端な長寿と言うものは、他人に譲ることが出来ると考えていたのかも知れません。

 

菊とは直接関係はありませんが、ヨーロッパにも『エレキシー』とか『エリクシール』と呼ばれる、不老不死の霊薬の話が伝えられているようです。

フランス革命の直前、18世紀のパリの社交界に実在した「サン・ジェルマン伯爵」という謎の人物がいます。
彼は、その「エリクシール」の秘密を知っていて、自分はこれまで 2,000年間生きて来たと、公言していました。
彼は、人の目には、いつも40歳位に見えたということです。

一時期、サン・ジェルマン伯爵は、暫くパリの社交界に姿を見せなかったことがあるのですが、後にどこにいたのかと尋ねられると、「日本へ行っていた」と答えたという話も伝わっています。

僕は、この不可解な人物が何故かとても好きで、奇妙な話題を幾つも読んだことがあるのですが、今回はこの辺にしておきます。

 

ところで、やはり誰もが不老不死には憧れるようで、『エリクシール』という不老不死の霊薬を、何とか本当に作り出そうという努力もなされたようです。

フランスのリキュールに『シャトリューズ・ヴェール』という、とても美しい緑色をした強い酒があります。
これは、多種類のハーブを原料にした、一種の薬用酒なのですが、元々は『エリクシール』を作ろうとした結果出来たものだと言う話があります。

とても甘い酒ですが、多種類のハーブ入りのため、かなり癖のある味で、アルコール度数は55度もあり、好みは相当に分かれる酒だと思います。
そのせいか、日本ではあまり売れないようで、現在ではなかなか見つけることが出来ません。

 

最後の写真は、先日筑波山へ行った際、中腹の「筑波山神社」の境内に奉納されていた「奉納菊展」です。

実は、僕が筑波山へ行ったのと同じ日に、so-netブログ仲間の はるまきママさん御一家も、筑波山へ行かれていたのだそうです。
頂いたコメントから推測すると、どうもケーブルカーの「宮脇駅」の辺りで、すれ違っている可能性がありそうです。
そうと知っていれば、可愛いお嬢さんの真葵ちゃんに、一目だけでもお会いしたかったと、今更ながら残念に思います。

はるまきママさんの、楽しい『筑波山』登頂の記事です!
http://blog.so-net.ne.jp/harumaki/2005-12-09

 


nice!(20)  コメント(23)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

forget me not <勿忘草> [伝説]

昔々のお話です。
ある日のこと、恋人同士のふたりが、ドナウ河のほとりを
歩いていました。
その時ふたりは、川の水面に近い土手に、小さな青い花が
咲いているのを見付けました。
若者は、愛しい娘のためにその花を取ろうと土手を下って
行ったのです。
その時でした。
若者は、花を摘み取ったとたん、足を滑らせて河の水の中
に落ちてしまったのです。
アルプスの雪解け水が流れ込む、ドナウの激しい流れは、
若者を押し流して行きました。
必死に、川岸にたどり着こうとした若者は、ついに力尽き、
手にした青い花を、娘の待つ岸辺へと投げました。
「僕を、忘れないで!」
その一言と、青い小さな花を残して、若者はドナウの水底
へと消え去ってしまったのです。

そして娘は、若者との思い出のために、その花を「忘れな草」
と名付け、彼のお墓に植えたのでした。

勿忘草の名前の由来とされる伝説は、何種類かが残され
ているということですが、これが一番有名な話だそうです。

ワスレナグサはヨーロッパ原産で、現在日本の湿地や川辺に
咲いているものは、栽培していたものが、流出したものです。

元々は青い花ですが、約50種程の園芸品種があるそうで、
ピンクや白の花もあります。
写真も、園芸品種の一種です。

 


nice!(17)  コメント(22)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート