So-net無料ブログ作成
検索選択

海に近い公園で [海辺]

海に近い公園に、咲いていた小さな花たちを紹介します。
海の近くですが、長い堤防とテトラポッドに阻まれて、その花たちは海を見たことはありません。

     

 遠くに見えるのは、幕張新都心とマリンスタジアム。

     

ミヤコグサ 都草

この花は、ミヤコグサといいます。
名前の由来は、京都に多く生えていたからという説があるそうですが、よく分かりません。

     

花の大きさは、1cm~1.5cm程です。
鳥の顔のように見えました。
                              マメ科 ミヤコグサ属

     

ジシバリ 地縛

細い茎が地面を這うように広がり、その茎の節々から新しい株が出て来ます。
そうして、地面を覆いつくす様子から、ジシバリの名が付けられました。
別名、イワニガナ

     

花の大きさは、2cm程。
頼りなげに見える花ですが、繁殖力は旺盛です。
ニガナや、オオジシバリなど、似た花もいくつかあります。
                                   キク科 ニガナ属

      

この海岸線は、埋め立てによって作られたものです。
けれど、長い年月の内に、テトラポッドの陰には、いつのまにか小さな砂浜が出来ています。
 

                                  習志野市 茜浜