So-net無料ブログ作成
石・鉱物 ブログトップ

永遠の青 <ラピスラズリ> [石・鉱物]

    さめざめとひかりゆすれる樹の列を
    ただしくうつすことをあやしみ
    やがてはそれがおのづから研かれた
    天の瑠璃の地面と知ってこゝろわななき
    紐になってながれるそらの楽音

              宮沢賢治 『青森挽歌』
                      「心象スケッチ 春と修羅」 所収

                  ラピスラズリ  瑠璃  青金石   珪酸塩鉱物

「人類に認知され、利用された鉱物として、ラピス-ラズリはおそらく最古のものの一つである」
                    「楽しい鉱物図鑑」堀 秀道 著 草思社 刊


『ラピスラズリ』は、群青色の美しい石です。
その語源は、「ラピス」がラテン語で「石」を、「ラズリ」はペルシア語で「青」を意味する言葉を、合わせたものです。
つまり、見た通りの「青い石」という名前です。

僕は、随分昔に、シルクロードの石窟寺院の写真展で、その壁画に使われている青の顔料は、『ラピスラズリ』を砕いて粉末にした物だと知って、この石に心を惹かれてしまいました。

この写真は、別のシルクロード展の、ミュージアム・ショップにあった、壁画の断片のレプリカですが、このような壁画に、青の顔料として『ラピスラズリ』が多用されていたということです。

また、ヨーロッパの絵画においても、青の絵の具として、微細に砕かれた『ラピスラズリ』が利用されています。
この『ラピスラズリ』から作られた絵具の色は、「ウルトラマリン」と呼ばれていますが、現在は化学的に合成されたものが多いようです。

鉱物図鑑等には、『ラピスラズリ』を一つの鉱物ではなく、数種類の鉱物の混合物としているのものがあります。
しかし、上に引用した「楽しい鉱物図鑑」という本の中に、著者の 堀 秀道 さんは
「ラピスは混合物であるという俗説もあるが、そうであれば、結晶ができるはずがない」と書かれています。
(この「楽しい鉱物図鑑」は、書名を見ると、子供向けの図鑑のようですが、中身はかなりレベルの高い内容の本です)

混合物であるとすれば、『ラピスラズリ』自体が鉱物ではなく、岩石の一種になってしまいます。
僕は、それでは納得が行かないので、堀さんの説に従うことにします。

 

『ラピスラズリ』は、採掘される地域が限定されていて、中でもアフガニスタン産のものが、もっとも良質とされています。

アフガニスタン産の『ラピスラズリ』には、金色の粒が含まれることがあります。
「これは金である」という俗説があり、特に、石を霊力のあるものと考えるパワー・ストーン系の本などには、そう書かれていたりすることがありますが、これは完全な誤りで、「黄鉄鉱」の粒であるに過ぎません。
しかし、黄鉄鉱が含まれていることで、宝飾品としての価値は高くなるということです。

日本では、鉱物名としては『青金石』と呼ばれていますが、それは、この黄鉄鉱が、金色に輝いて見える様子から名付けられたようです。

上の写真は、最初の標本を拡大して撮ったもので、黄色っぽく見える部分が、黄鉄鉱です。白い部分は、方解石等の共生鉱物ですが、この白い部分が多いと、黄鉄鉱の場合と異なり、宝飾品や工芸品用としては、価値が下がってしまいます。

『ラピスラズリ』は、古代のエジプトでも、様々な装飾品として利用されていて、ラピスラズリ製の「スカラベ」等も発掘されています。

この写真は、かなり以前の「エジプト展」で買って来た「スカラベ」のペンダントヘッドです。
勿論、ごく小さく安いものです。
でも、ペンダントとして使ってはおらず、他の小石と一緒に、棚に置いてあります。

「スカラベ」は、動物の糞を転がして丸め、そこに卵を産み付けます。
その為、「タマオシコガネ」とか「フンコロガシ」とも呼ばれる、コガネムシの仲間です。
子供の頃、ファーブルに憧れていた僕にとっては、「ファーブル昆虫記」にも書かれていた、とても魅力的な昆虫なのです。

古代エジプトでは、この昆虫が糞の玉を転がす姿を、太陽の運行と重ね合わせ、「創造」と「再生」のシンボルとして、神聖な昆虫と考えていました。
その為、「スカラベ」を造形化した装飾品が数多く作られていました。
また、エジプトで出土する「スカラベ」の装飾品は、『ラピスラズリ』だけではなく、陶器などの他の素材でも数多く作られています。

 

                                                                       ルリビタキ    スズメ目 ツグミ科

ラピスラズリの色は、古来から『瑠璃色(るりいろ)』と呼ばれ、日本でも親しまれてきました。
その為、輝くような深い青の色を持った花や鳥には、『瑠璃』の名を冠した例がいくつも見られます。
上の写真の鳥も、その一つで『ルリビタキ』と名付けられています。

この『瑠璃』という言葉は、漢訳仏典に由来しています。
元の言葉は、インドのサンスクリット語で「バイドゥーリヤ」と呼びますが、その俗語形の「ベールーリヤ」を「吠瑠璃(べいるり)」と音訳したものが、「瑠璃」となったとされています。

尚、「吠瑠璃」には、「吠える」という文字が使われていますが、これは音を用いただけで、あまり意味は無いようです。

仏教の経典には、「金・銀・瑠璃・・・」と、高貴な宝物の一つとして『瑠璃』が度々登場して来ます。
ただ、実を言うと、仏典に描かれる宝物の名が、現在のどの宝石を指しているのか、はっきりしない部分があるようです。

また、中国の古い本には、「吠瑠璃(べいるり)は、須弥山(しゅみせん)に有って、火にも焼けず、金(金属)でも、破れない」と、書いてある本もありますが、モース硬度5.5とされるラピスラズリとは、一致しません・・・。しかし、「須弥山」自体が架空の山ですから、ラピスラズリが採掘されない中国では、その実態はよく解っていなかったという事なのだと思います。

しかし、この『瑠璃』は、現在では、恐らくは『ラピスラズリ』を指すものであろうと考えられています。
但し、『瑠璃』という名前は、「青色ガラス」を指す場合もあり、博物館等の展示品を見学する場合には、注意が必要です。

 

奈良の「薬師寺」には、本尊として「薬師如来」がまつられています。

この「薬師如来」は、本来は「薬師瑠璃光如来」(サンスクリット語では、バイシャジャ・グル・バイドゥーリヤ)と呼ばれ、「東方浄瑠璃世界」つまり、瑠璃色の浄土に住む仏とされています。それは、瑠璃色に輝く平和で美しい、理想の世界なのかも知れません。

仏教が生まれたインドは、現在のパキスタンを挟んで、『ラピスラズリ』を産出するアフガニスタンとも、決して遠くはありませんから、この美しい青い石の名が、仏教の経典に書かれていたとしても不思議は無いと思います。

この美しい石の埋まっているアフガニスタンの土地の上では、悲しいことに、いまだにタリバンやアルカイダたちのテロが続き、争いが繰り返され、多くの人々、特に子供たちが辛い生活を強いられています。その現実を思うとき、本当に平和で美しい、瑠璃色の世界が、ただの理想の世界に終わることなく、一日も早く現実となってくれることを、心の底から願わずにはいられません。

 

   参考文献
     楽しい鉱物図鑑        堀 秀道     草思社 
     フィールド版 鉱物図鑑   松原 聰      丸善
     宮沢賢治 宝石の図誌    板谷栄城    平凡社
     世界美術大事典                 小学館
     世界大百科事典                 平凡社
     スーパーニッポニカ                小学館
     大漢和辞典                 諸橋轍次     大修館

 


nice!(28)  コメント(28)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート
石・鉱物 ブログトップ