So-net無料ブログ作成
検索選択

白い花の謎 [野草]

DSCF0115.jpg

 5月3日の記事「優しい薄紫の・・・」 に載せた「白いムラサキケマン」の写真に関して、ブログ仲間のはてみさんから、『ムラサキケマンの白花タイプは、花の先に紫色が残っているものは「シロヤブケマン」、完全に白いものは「ユキヤブケマン」というそうです。「ヤブケマン」というのはムラサキケマンの別名。』とのコメントを頂きました。

 早速、「シロヤブケマン」「ユキヤブケマン」のそれぞれのキーワードで検索をしてみました。

DSCF0056.jpg

 すると、ネット上には、それぞれの名称で幾つもの写真が載っていました。

 ネット上の「シロヤヤブケマン」の写真は、はてみさんのコメントにあった通り、花の先端付近に紫色が残っていて、今年家の庭で見られたものとよく似ていました。

PICT0038.jpg

 そして、ネット上の「ユキヤブケケマン」の写真は、僕が2006年5月に撮って、当時の記事に載せたものと、ほぼ同じ花のようです。
 先端付近が黒っぽく見えるのは、多分内部の蕊の部分が、透けて見えているのではないかと思いますが、全体的に、シロヤブケマンよりも、花の白さが際立っているように感じます。

 兎も角、9年来気になっていた「白い紫華鬘」の本当の呼び名が分かり、些かほっとした気分になることが出来ました。

 はてみさんに、心より感謝致します。

DSCF0117.jpg

 念の為、通常のムラサキケマン(ヤブケマン)も、改めて載せて置きます。

 ただ、このムラサキケマン(ヤブケマン)の白花は、どうも白花の咲く品種があるという訳でもないように思います。また、この植物は、種が発芽してから、花が咲くまでに2年掛かる越年植物だと言うことですが、花が終わった後には、全草が枯れてしまう為、多年草ではありません。
 ですから、来年以降もまた白い花が咲くのかどうか、そこにはどうしても疑問が残ります。

 と言うのは、以前見た同様な白い花に就いて、同じ場所で二度と見ることがなかったと言う経緯があるからです。

PICT0013.jpg

 2005年9月に見た、白い露草です。

_DSC0051.jpg

 改めて示すまでもなく、本来はこのような青い花が咲きます。

PICT0001.jpg

 白い露草の花は、やはりブログ仲間のさねさしさんが、僕の記事よりも少し前の、2005年の8月に記事に載せておられました。

 その後、さねさしさんが、神奈川県の自然環境保全センターに電話で問い合わせてみると「色素が抜けて 白くなるのが、たまにはある」との説明を受けられたことを、僕のコメントに対するコメントバックで教えて下さいました。

 僕が、2005年9月に、この白い露草を見たのが、家からごく近い場所であった為、翌年以降も何度も見に行ったのですが、通常の青い花は沢山咲いていましたが、白花を見ることは、二度とありませんでした。

 ただ、2008年には、また別の場所で白い露草を見ていますが、そちらもそれ以降は同じ場所で見掛けることはありません。

PICT0035.jpg

 こちらは、2006年3月に見た、白いホトケノザです。

_DSC0011.jpg

 これも、多くの方がご承知の通り、ピンク或いは薄紫の花が普通です。

 やはり、翌年以降同じ場所で見ることはありませんでしたし、2006年3月以来、今のところ二度と出会う機会は訪れてくれません。

 このような、通常とは異なる白い花を見ることは、とても衝撃的でさえあります。

 「えっ、これは何!」と言う驚きはやがて「それは何故?」と言う疑問に変わりますが、それはなかなか解けない謎となって、何時までも心に残ってしまっています。

 そして、先日また、不思議な花を見付けました。

DSCF0066.jpg

 家の庭に咲いた、ツルニチニチソウの白い花です。

DSCF0094.jpg

 このブログにも、ほぼ毎年写真を載せていますが、家の庭にあるツルニチニチソウは、上のような青い花を咲かせる種類です。

 念の為に、ネット検索をしてみると、白いツルニチニチソウの写真が沢山見られますし、白花の品種も販売されているようです。

 でも、もう十数年以上も前から家にあるこの花は、狭い庭のあちこちに蔓を伸ばしては、些か困るほどに蔓延っていますが、これまで咲き続けているのは青い花ばかりで、白い花などついぞ見たことがありません。

 今後も、白い花が咲くものかどうか、気を付けて見ていたいとは思いますが、多分あまり期待出来るものではないような気がします。

 ツルニチニチソウは、常緑の蔓性植物ですから、一年草のツユクサとは生活史が異なりますが、これもまた何らかの理由で、色素が抜けてしまった一例のような気もします。

 何故、このような事が起こるのか、謎はいよいよ深まって行くばかりで、今のところこれ以上は調べようがありません…

 取り敢えず、「シロヤブケマン」は家の庭に生えて来たので、来年以降どうなるのか、気の長い話ですが、来年も忘れずに確認してみたいと思います。


nice!(27)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 27

コメント 7

はてみ

シロヤブケマンの件は以前Heijiさんに教えてもらったことなのですが、本人は忙しそうなので、私がコメントしたのでした。(http://seeding.blog.so-net.ne.jp/2010-03-31)シロヤブケマンの種から育てた鉢が家にあったはずですが、今どうなっているやら?確認してみなくては。
by はてみ (2015-05-14 13:07) 

きまじめさん

変異による白い花、いろいろ見つけておられるのですね。
全く見た事がありませんが、白い露草見てみたいです。
by きまじめさん (2015-05-15 00:07) 

ゴーパ1号

こんばんは。
年長さんの生徒に好きな花は?とたずねたら「ホトケノザ」と答えてくれました^^;

by ゴーパ1号 (2015-05-15 22:05) 

mimimomo

こんばんは^^
留守中ご訪問ありがとうございました♪
albireoさんには不思議な力がある?(^‐^
ここにあげていらっしゃる白いお花たち、わたくしはいずれも見たことがないように思います。
ムラサキケマンは多少色が白いみたい~と言うようなのは見たことがありますが、こういう白いのはないですよ。ほんと、不思議。
by mimimomo (2015-05-16 19:09) 

sakamono

「シロバナ」って、とても魅力的に感じます。
ホトケノザのシロバナ、見てみたいです^^。
by sakamono (2015-05-17 16:07) 

sasasa

こういったところから、
長年の疑問が解決していくのも面白いですね。

by sasasa (2015-05-17 23:23) 

ねこじたん

知ってる色と違う色のみつけたら
なんか 驚いちゃいますね
ちなみに キャベツはミドリと思っているので
紫キャベツはたべられません(笑
by ねこじたん (2015-05-23 13:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0