So-net無料ブログ作成
検索選択

妖精の鯉のぼり [鯉のぼり]

yousei-ff.gif

 2005年5月5日。最初の鯉のぼりジフアニメを載せてから、10件目の鯉のぼりです。

 途中、池で泳ぐ金色の鯉の写真を加工したジフアニメを作った年もあり、それを含めると11件目になりますが…

DSCF0087.jpg 

 最初の鯉のぼりアニメの二日後、2005年5月7日に、スズランの写真を載せて『妖精のはしご』という記事を書いた際…

  森の中に広がる草原

  白い花たちを揺らすのは

  吹き過ぎる風ではない

  それぞれの花の下に

  小さな誰かがいて

  花の茎を揺すっている

  すると 人の耳には届かない

  透明な鈴の音が聞こえる

…という詩を書きながら、次に鯉のぼりのジフアニメを作る時には、スズランの花茎を竿にして鯉のぼりを揚げてみようと思っていました。

 でも、なかなか思うような写真が撮れず、ついに十年目まで持ち越してしまいました。 

DSCF0082.jpg

 改めて、今年もスズランの写真を撮りながら、鯉のぼりの竿に使えそうな花茎を探したのですが、やっぱり無理だなと思った時、すぐ側にあった綿毛の付いたオキナグサが目に付いたので、こんなジフアニメを作ることになりました…

okinagusa.jpg 

 このオキナグサは、多分在来種ではなく、セイヨウオキナグサだと思います。

 宮沢賢治の童話に『おきなぐさ』という作品があります。「うずのしゅげを知ってゐますか。」 という書き出しで始まるのですが、「うずのしゅげ」とは何のことか、わかったような、わからないような気がすると、賢治は書いています。

 「きみかげさうやかたくりの花のともだち」とも書かれています。「キミカゲソウ」は、スズランの別名ですから、スズランの代わりにオキナグサの花茎を使ったのは、丁度良かったようにも思えます。

 でも、「この花は黒繻子ででもこしらへた変り型のコップのやうに見えます」と言うので、当然在来種のオキナグサのことに違いありません。何時か、賢治が「うずのしゅげ」と呼んだ、在来種のオキナグサを見たいと思っていますが、残念ながら開発や乱獲で減少してしまっているそうなので、なかなか目にすることが難しい状況にあるようです…

DSCF0014.jpg

 また、「きみかげそう(君影草)」と言うのも、厳密には日本の在来種のスズランを指すと思われます。

 家の庭にあるスズランも含めて、一般的に栽培されているものは、ドイツスズランと呼ばれる外来種が殆どと言うことです。 

yousei.jpg

 因みに、下で踊っている妖精は、多分樹脂粘土で作られたと思われる、高さ5.5cm程の小さな人形です。

 かなり以前のこと、父親の仕事の手伝いに行った帰りに寄った、コーヒーショップのレジの脇に、幾つもの小さな人形が置かれているのを見付けました。訊いてみると、マスターの知人の作家の方が作ったものを委託販売していると言うことだったので、この二人を頂いて来ました。
 恐らく、この十年以内の事だと思いますが、何時の事だったのかも、値段が幾らだったのかも、すっかり忘れてしまっていました…

DSCF0208.jpg

 最後は、先週の木曜日に撮った、トーハク(東京国立博物館)のユリノキです。

DSCF0211.jpg

 よく街路樹で見掛けますが、街路樹の場合は下の方の枝を伸ばすと、通行の妨げにになりますから剪定せざるを得ず、どうしても、見上げるような高い所にしか花は咲きません。 

DSCF0232.jpg

 でも、自由自在に枝を広げているトーハクの巨木では、こんな風に花の内部にある蕊の様子も観察出来ます。しかも、下に垂れ下がった枝には、まだ蕾も多かったので、未だ暫くは楽しめると思います。

尚、前の記事で触れた、千葉県茂原市の「茂原牡丹園」で撮ったボタンについては、写真の枚数が多いため、次回の記事に載せることにします。


nice!(23)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 23

コメント 3

じゅんぺい

かわいいGIFアニメですね♪
子どもの日って雰囲気が出ていて楽しいです♪
by じゅんぺい (2015-05-04 18:36) 

ねこじたん

今年もウキウキな動きで
カワイイですね♪
by ねこじたん (2015-05-04 21:17) 

mimimomo

おはようございます^^
子供の日ですね~待ってました!今年の鯉のぼり(^‐^♪
昨年だったかしら、東京スカイツリー? 大きさが全然違う今年は妖精^^
もうユリノキのお花だわ。今年は行けるかしらね~ ちょっと他のお出かけがあるからね~
by mimimomo (2015-05-05 06:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0