So-net無料ブログ作成
検索選択

未年の年賀状用写真 [季節]

_DSC0004.jpg

 来年の干支は、乙未(きのとひつじ)と言うことで、年賀状用の写真を撮りに、千葉市動物公園へ行って来ました。

_DSC0058.jpg

  羊は、山羊と一緒に、子供動物園のコーナーにいます。

 何頭も飼育しているので、個体識別用の番号札が付けられています。
 札は、青と白の裏表になっていて、青い方には番号が、白い方には名前が書かれていました。
 「43」番の裏に書かれていた名前を見ると、「ニコ」ちゃんと呼ばれているようです。

 この子は、何故か一頭だけ別の柵の中にいて、一人で籠に入っている草を食べていました。
 

 

_DSC0029.jpg

 ここは「子供動物園」なので、柵の中へ入って、動物たちと触れ合うことが出来ます。

_DSC0036.jpg

 勿論、大人も入れますから、写真を撮りに来ている人も何人もいました。 

_DSC0046.jpg

 山羊も羊も大勢いるので、足元には糞が沢山落ちています。

 僕の近くにいた、2~3歳の可愛い男の子が、落ちている糞を、団栗だと思って拾おうとしていました。
 「拾わないで! ドングリじゃないのよ!」と、ママが慌てて止めている様子が、何とも微笑ましい情景でした。

_DSC0053.jpg

 羊と言うと、まっ白なイメージですが、 実物はかなり茶色っぽかったりします。

 動物園で飼育されているので、識別用の札や、綱が付いていたり、様々な容器なども写り込みます…

 札を消したり…もう少し白っぽく見えるように、明るさやコントラストを調整したり…色々と加工をして、年賀状を作りました。

_DSC0054.jpg

_DSC0040.jpg

_DSC0058.jpg

_DSC0083.jpg

_DSC0090.jpg 

_DSC0092.jpg

 年賀状の季節になる頃、僕のブログの「アクセス解析」の「検索ワード」を見ると、年賀状用の写真を探しに来られたらしい方が、毎年のように訪れてくれているようです。

 今年もまた、そうした目的で検索をされて、このプログに辿り着かれた方がいらっしゃって、もしも万が一にも、気に入った写真がありましたら、かなりギリギリな時期になってはしまいましたが、どうぞご自由にお使い下さい。

 前回の更新から、2週間が過ぎてしまいました。
 本当は、この写真ももっと前に撮って来たのですが、何となく慌ただしい気分のまま、更新を滞らせていました…
 年賀状もたった今、印刷し終わったところです。
 投函期限は、12月25日までと言うことなので、今回は取り敢えず間に合ったようですが…


nice!(18)  コメント(7)  トラックバック(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 18

コメント 7

kinkin

年賀状、まだ何もやっていない自分です。今日か明日かな・・・・・
(今日から休み入りました^^;)
by kinkin (2014-12-23 05:43) 

mimimomo

おはようございます^^
動物公園に行けばいたのですね~^^ 来年用の賀状は写真を使わなかったです。
もう1週間ほど前に投函しました。
来年はこのような羊に似た穏やかな一年であってほしいです。

by mimimomo (2014-12-23 06:12) 

ゴーパ1号

こんにちは。
今日は宛名から印刷かな〜^^;
もうデザインも決まっているのですが、今年はタイミングが要るんです^^;
ひつじ、かわいいですね☆
by ゴーパ1号 (2014-12-23 09:20) 

獏

今回の年賀状は家族で同一デザインにするという計画なので
獏の分は帰省してから作成です(汗)
なのでデザインは先行して息子に丸投げしました(笑)

by (2014-12-23 16:04) 

きまじめさん

何時もギリギリにならないと、出来ない性格なので、
今日やっと仕上げた有様です。
明朝、忘れないように投函しないと努力は水の泡になりますね --;
by きまじめさん (2014-12-24 21:19) 

sakamono

私は今朝、年賀状を投函しました^^;。
やっぱり手作りの年賀状は嬉しいですよね。
もう最近は、出来合いのハガキばかりを買ってしまいます^^;。
by sakamono (2014-12-27 16:21) 

asahama

はっまだ年賀状書いてませんでした。
一枚目の写真、おいしそうに食べているところ、可愛いです^^
食べている草はニラでしょうか?
by asahama (2014-12-29 13:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: