So-net無料ブログ作成
検索選択

杜若<とじゃく>の実 [野草]

   ヤブミョウガ  別名:ヤブショウガ ツユクサ科 ヤブミョウガ属

以前、『カキツバタ』の記事の時に、『ヤブミョウガ』を紹介した事があります。
それは、古典文学などで普通に使われる『杜若(かきつばた)』という漢字が、本来は『とじゃく』と読んで、この『ヤブミョウガ』のことを指すと言われているからでした。

『大漢和辞典』(諸橋轍次著:大修館)を見ると、中国の古い書物では、『ヤブミョウガ』を指して『杜若』の文字が使われていたことが分ります。

日本で、古くから『杜若』の漢字が当てられている『カキツバタ』
                              <5月中旬撮影>

短歌、俳句、能などの古典文学や古典芸能で『杜若(かきつばた)』の文字が使われており、間違いと言われても、今更変えようもありません。

『ヤブミョウガ』の名は、葉の形が『茗荷(みょうが)』に似ているから、付けられたということですが、『生姜(しょうが)』の葉にも、似ているように思います。
それで、調べてみると、地方によっては、『ヤブショウガ』という名前もあると言うことが分りました。

 『ヤブミョウガ』は、最近 so-netブログの記事でも、何度か拝見して、よく見ると可愛い花だなあと、改めて思っていました。
先日も、少し湿った藪の付近でこの花を見つけたので、見に行くと・・・。

こんな、薄緑の綺麗な実を見付けたので、再び記事に載せることにしました。

この実は、まだ未成熟な実です。

熟すと、殆ど黒に見えるような、濃い青紫になります。

 

         風の音が秋を伝えると

         昔の詩人は詠っていた

         けれども木や草や花たちも

         黙って秋を伝えてくれる

 

 

 

◇◆◇追記◇◆◇

ヤブミョウガの実に就いて、食用となるのかどうか、というコメントを頂きましたので、早速調べてみました。
『平凡社 世界大百科事典』には、
「果実は球形で径約5mm,青く熟す。液果状で裂開しない。漢方ではヘビや虫にかまれた際や打身のぬり薬の原料とする。このぬり薬は腰痛にも効くといわれる」
とあり、食べられるとは書いてありませんが、塗り薬の原料となるそうです。

 


nice!(25)  コメント(25)  トラックバック(3) 

nice! 25

コメント 25

mimimomo

茗荷と生姜の葉は似ていますよね。初めこのお花見つけたとき、どちらだろう、と思いました。わたくしも見たのはこの青い実の状態のときです。きれいなのですよねこの実も。
by mimimomo (2005-08-25 20:21) 

ナナ

むぅ・・・
秋の気配を感じますね~
静かなものの中に言葉を感じるなんて、詩人です。
by ナナ (2005-08-25 21:15) 

shareki

愛知県に杜若高校というのがあります。
トジャクコウコウと読むようです。
最初、( ‥) ン?「カキツバタコウコウ」かと思いました。
by shareki (2005-08-25 21:16) 

あやこ

実をみると 秋な感じがします^^
実りの秋・・・
by あやこ (2005-08-25 21:21) 

rin

昨日の睡蓮の場所と同じところでしょうか?
3枚目の写真から4枚目の写真の実をつけるのでしょうか?
質問ばかりですいません。
無知なもので。。。
ここへお邪魔するのが楽しみです。
そうですね、木や草や花達も秋を伝えてくれますね。。。
by rin (2005-08-25 21:24) 

杜若、綺麗ですね!仰るとおり、「杜若」=「カキツバタ」のイメージが強烈に刷り込まれているので、いまさら修正は不可能でしょう。ヤブミョウガの花や実も可愛いのですが、単純な僕は、カキツバタの花の色の方が好きです。(苦笑)ナナ さんも仰っていますが、「黙って秋を伝えてくれる」という一節がとても素敵です。
by (2005-08-25 21:30) 

penpen

2枚目まだお花を付けたままで実がなってるようで、可愛いです。ミョウガとは別の種類なのですね。秋が近づいてきましたね。
by penpen (2005-08-25 21:48) 

Runa

杜若の 実 可愛いですね。
私は 知らない草花や 昆虫ばかりです。
albireoさんに教えてもらって 楽しませてもらっています。
秋がすぐ側まで来ています。
草花も 秋を 知らせてくれていますね。
by Runa (2005-08-25 21:54) 

albireo

◇ mimimomo さん ありがとうございます。
生姜と茗荷は、葉はそっくりですね。
でも、このツユクサ科のヤブショウガが、どうしてこんなに似ているのでしょう・・・。
薄緑色の実は、とても綺麗だと思いました。

◇ ナナ さん ありがとうございます。
もう、秋が来ましたね・・・。
季節が変わる頃は、色々なものの変化が目に付くようになります。
でも、それに気付かずに通り過ぎてしまうことも多いので、気付ける心を持ち続けたいと思います。

◇ 渋樹 さん ありがとうございます。
愛知県は、伊勢物語のカキツバタの本場ですね。
ですから、トジャクと読んでも、カキツバタの事なのでしょうね。
でも、面白い名前の学校です。

◇ あやこ さん ありがとうございます。
そうですね!色々な植物が、実り始める季節ですね!

◇ rin さん ありがとうございます。
お察しの通り、同じ場所です。カキツバタの後ろに見えるのが、スイレンの池です。ヤブミョウガも、近くにありました。
場所は、千葉県佐倉市の佐倉城址公園です。
ヤブミョウガの実は、初め薄緑色で、熟すと濃い青紫になります。

◇ lapis さん ありがとうございます。
カキツバタは、思い切り季節外れですが、名前の説明には分りやすいかと思って載せました。
自然を見ていると、少しづつ変化が見えて来ますが、それを見落とさないように出来たらと思っています。

◇ penpen さん ありがとうございます。
ヤブミョウガは、まだ花だけのものや、花と緑の実と青黒い実とが、一緒に付いたものや、色々ありました。
とても、面白いと思って見ていました。
by albireo (2005-08-25 22:12) 

Silvermac

ヤブメョウガは今が旬のようですね。
by Silvermac (2005-08-25 22:14) 

私が見たヤブミョウガも藍色の実がなっています。
TBいたします。
by (2005-08-25 23:22) 

barbie

花から実が熟するところまで。本当なら何度も足を運ばないと行けないところalbireoさんの記事で一気に見ることが出来ました。らっきぃ(^_^)b 実は食べられるんでしょうか。
by barbie (2005-08-26 00:43) 

atom

花、まるっこくてカワイイです。実は食用でしょうか。
葉は茗荷に似てますね。
by atom (2005-08-26 01:47) 

さねさし

私にとってalbireo さまは すぐ近くにいらっしゃって なんでも 教えていただける 先生のような気がいたします 今日もいいお話有難うございました 杜若という字を書にいれると 作品にしやすいもので よく書きますから 参考になりました
by さねさし (2005-08-26 06:28) 

じゅん

ヤブミョウガの実は光沢のある水滴型というか、とても綺麗ですね。
昔の人から言わせれば玉(ギョク)なんでしょうね。
by じゅん (2005-08-26 07:27) 

sera

もう、秋の気分ですか、、、
2番目の写真は気に入った!
すごく{和}な感じ~着物のデザインになるぅ~

「黙って秋を伝えてくれる」、、、いいですね♪
by sera (2005-08-26 08:45) 

Baldhead1010

葉っぱがショウガに似てますが、根っこは食べられないでしょうか?
by Baldhead1010 (2005-08-26 09:26) 

まい

記事からは少しずれてしまいますが、最近ミョウガを「美味しい」と感じられるようになりました。少し前までは「変な味」と思っていたのですが、歳をとったのかな~?
すっかり秋ですね。初夏に痩せたのですが、だんだん元に戻ってきましたΣ(-。-*)o
by まい (2005-08-26 11:04) 

beer

ですね。自然に教わる秋到来。いいですね。
食べる秋になりそうですが。。。
by beer (2005-08-26 16:03) 

maya

丸いの飴玉みたいね(^-^*)
by maya (2005-08-26 17:13) 

なしえん

杜若、花菖蒲、あやめ、鳶尾草・・・
いずれ「菖蒲か杜若」なんて、初夏はチンプンカンプンでしたが、こうなってみると違いはあるのかな。
また手賀沼の菖蒲畑に行ってみたくなりました。
by なしえん (2005-08-26 22:09) 

albireo

◇ SilverMac さん ありがとうございます。
先日は、 SilverMacさんの記事でも拝見しました。
距離は離れていても、案外同じ頃に咲くものですね。

◇ tanaka-ma3 さん ありがとうございます。
TBいつも、ありがとうございます。
そろそろ、どの植物も実りの秋を迎えていますね。
何故か、こちらのヤブミョウガは、花と二種類の色の実が入り混じっています。
遅れ馳せながら、こちらからもTBさせて頂きます。

◇ barbie さん ありがとうございます。
実は、残念ですが、食べられないようです。でも、塗り薬になるそうです。
記事に、その件を追加しました。

◇ atom さん ありがとうございます。
実は、食べられないようですが、塗り薬になるそうです。
記事に、その件を追加しました。
葉は、茗荷にも生姜にもそっくりですね。

◇ sanesasi さん ありがとうございます。
杜若は、伊勢物語以来、和歌などに多く登場しますね。
お役に立てれば、幸いです。

◇ じゅん さん ありがとうございます。
見た時は、いくつかの宝飾品に使われる鉱物を、思い浮かべました。

◇ sera さん ありがとうございます。
まだまだ暑いですが、もう秋の気配を感じますね・・・。

◇ Baldhead1010 さん ありがとうございます。
掘って見たことはありませんが、細長い地下茎のようです。
多分、食べられないと思いますが・・・。
実の方は、塗り薬になるらしいです。

◇ まい さん ありがとうございます。
歳をとったのではなく、大人になったのでしょう(^^♪
やっぱり、食欲の秋ですからね!
でも、無理なダイエットはやめましょうね!

◇ beer さん ありがとうございます。
食べ物も、秋が来たことを教えてくれますよ。
秋にしか味わえないものを食べて下さいね!

◇ maya さん ありがとうございます。
見たところは、美味しそうですね!
でも、塗り薬にするそうですから、食べないで下さいね!

◇ aloeDog さん nice!ありがとうございます。

◇ なしえん さん ありがとうございます。
5月頃ですが、見分け方の記事を書きました。
参考になるかどうかは分りませんが、宜しければご覧下さい。
http://blog.so-net.ne.jp/albireo/archive/20050517
by albireo (2005-08-26 22:39) 

すずめ

トラックバックありがとうございました。
こちらからもお願いします!
薄緑の実もガクが白くて可愛らしいですね!
by すずめ (2005-08-28 00:17) 

こんばんは♪ 少しコメントがご無沙汰していました。
いつもalbireo さんの写真が素敵なお花だったり、色合いの美しいモノだったりすると、とんぼ玉の参考にならないかな?って見てます。
このカキツバタは、本当に凛としていて美しいですね。
by (2005-08-28 00:43) 

kurakichi

初めてコメントいたします。
杜若について調べていたら貴兄のブログに行き着きました。
勝手なお願いですが明日アップ予定のブログにこの記事を紹介いたしたく考えています。
なにとぞよろしくお願いいたします。
by kurakichi (2010-05-16 18:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3